Cocos2d-xセットアップ

必要なもの

Cocos2d-x本体
http://www.cocos2d-x.org/download

iOSアプリ制作用(MacOSのみ)

XcodeをAppStoreからダウンロードしインストールを行います。
インストール後の初期設定は特段不要です。

Andoridアプリ制作用

1. Java SE Development Kit 8をダウンロードしインストールを行います。
インストール後の初期設定は特段不要です。

2. Android Studioをダウンロードし、インストールを行います。

2-1. Android Studioのインストール画面が表示されたら[Next]ボタンをクリックします。

2-2. Install TypeではStandardを選択し[Next]ボタンをクリックします。

2-3. [Finish]ボタンをクリックすると、インストールが開始されます。

2-4. インストール完了後、[Finish]ボタンをクリックします。

2-5. Android Studioが起動することを確認したら一旦終了します。

3. Android NDKをダウンロードし、任意のフォルダに解凍します。
※最新のNDKでは正常に動作しない場合があります。Cocos2d-x v3.15.1の場合、Android NDK r14bで動作を確認しています。

例: /Users/[ユーザー名]/android/ndk/

4. Apache Antをダウンロードし、任意のフォルダに解凍します。

例: /Users/[ユーザー名]/android/apache-ant-1.10.1/

5. Windowsで開発する場合、Python 2.x系をダウンロードし、インストールを行います。
インストール後、Windowsの環境変数でPathにPythonのフォルダを追加し、Windowsを再起動してください。

Cocos2d-xのインストール

cocos2d-x-3.15.1.zipをダウンロードし、任意のフォルダに解凍します。

例: /Users/[ユーザー名]/cocos2d-x/cocos2d-x-3.15.1/

ターミナルを開き、cocos2d-xフォルダ内にあるsetup.pyを実行します。

Android SDK、Android NDK、Apache Antをインストールしたフォルダを聞かれるので、該当フォルダのパスを指定します。

例:
SDK: /Users/[ユーザー名]/android/sdk/
NDK: /Users/[ユーザー名]/android/ndk/
ANT: /Users/[ユーザー名]/android/apache-ant-1.10.1/bin/

セットアップ完了後以下のコマンドを実行します。
source ~/.bash_profile