リソースの参照フォルダを定義する

アプリ上で取り扱うリソースは、Resourcesフォルダ直下に配置する必要があるが、多くのリソースを格納すると管理しにくくなるため、リソースの種類別にフォルダを作成して配置します。

・画像リソース: Resources/image
・音声リソース: Resources/sound

AppDelegate.cppで下記のように定義します。